ミドリムシ健康法?!虫を体の中で飼うって安全なの?

人間は微生物に支えられて生きている

ミドリムシって虫でしょ?それを体の中で飼うって大丈夫なの?と思われる方がいらっしゃるかもしれません。しかし、実は人間の体内には100兆個もの微生物が住んでいるのです。人体の細胞が37兆個ですから、それよりもはるかに多い数です。しかもその微生物たちがいなくなると人間は生きていけないのです。まさに人間は微生物に支えられて生きているのです。
体にとって有用な微生物にぜひ加えていただきたいのが「ミドリムシ」。これはクロレラと同様「藻」の仲間で、葉緑素を豊富に含む植物性でありながら、鞭毛で動けるという動物性の性質も持つため、名前の最後に「~ムシ」と付けられています。実際は30μm~100μmの小さな微生物なのです。名前のイメージとはだいぶ違いますね。別名「ユーグレナ」とも言われています。

体にいいことばかりのミドリムシ健康法

最近、ミドリムシはスーパーフードとして注目されています。葉緑素をはじめ、グリシン、ビタミンB1, ビタミンC、ビタミンE等の豊富な栄養素に加えて、食物繊維豊富で腸に優しく働きかけ、便秘がちな方の力強い味方になります。デトックス力にも優れています。ミドリムシのみが持つ「パラミロン」というβ1、3-グルカンの一種である特殊な成分が、人体に有害な成分や中性脂肪、コレステロールを吸着して体外に排出する成果があるためです。
また、「パラミロン」は、抗菌、抗ウィルス、抗アレルギー、代謝にも効果があります。腸内をデトックスし、体内をきれいにすることで体の免疫力アップが期待できるためです。
名前のイメージでお腹を壊しそうと思う方もいるかもしれませんが、続ければ続けるほど腸の調子を整え下痢などの症状も改善させてくれるミドリムシはとても素晴らしい健康食品なのです。